看護師は今も「白衣の天使」の言葉があって優美なイメージがありますが、実際の仕事内容は肉体労働といっても決して過言ではありません。
ほぼ一日中立ちっ放しですし、患者さんの世話をするのに筋力を酷使することも多いのです。

それゆえ従事していると、常日頃から運動しているという錯覚になってしまうのですが、実際のところは少しだけ認識が間違っています。
確かに一部の筋肉は使われていますが、それ以外は機能していないことが多く、ちょっと無理をすると体にガタがきてしまうという看護師は意外と多いものです。
それゆえおすすめはスポーツジムやフィットネスに通って積極的に運動することで、特にストレッチなどは無理をすることの多い仕事の人には最適な効果が得られるでしょう。

体が凝り固まっていると、ちょっとした動作で腰痛になることが多く、看護師の職についている人で腰痛を持っている人は割と多かったりします。
またフィットネスやスポーツジムに通うメリットとしてストレスの解消があげられて、意識的に体を動かすことでリフレッシュできるので、疲れがたまっている場合はむしろ体を思いっきり動かした方がいいのです。
その後に時間をかけてゆっくりとマッサージをしたり、お風呂に入ったりして疲労回復するといいでしょう。

ハードな仕事をしているからこそ自分自身の健康が重要になってきて、意識的に体を動かすことは肉体的にも精神的にも良いことなので、チャレンジしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です